リポ酸 効能

リポ酸の効能

リポ酸は、体内に存在するほかの酸化剤の活性を強化することから、万能抗酸化剤として知られています。

 

また、脂溶性でも水溶性でもなく、すべての細胞に浸透する、非常に独特な物質です。ほかの抗酸化剤はそれぞれ1、2種類のフリーラジカルに対する効果しかありませんが、リポ酸にはさまざまな種類のフリーラジカルを抑制する(攻撃力を弱める)効能があります。

 

リポ酸 効能

リポ酸は血液脳関門(血液中の物質が脳に移行するための脳血管と脳の問にある機能的関門のこと)を通過して、傷ついた脳細胞を修復します。

 

リポ酸の効能の動物での実験では、卒中(一時的に血液と酸素の流れが停止し、重度の記憶の喪失と錯乱を引き起こす病気)による脳の損傷をリポ酸が完治させることがわかっています。

 

卒中によるダメージの大半はフリーラジカルの増殖が原因であるため、この事実は理にかなっています。2004年にサプリメントとして認可されたリポ酸は、脳の健康に重要な抗酸化剤として有名になるでしょう。摂取量は一日100ミリグラムまでです。