プレグネノロン 効果

最強の記憶強化剤のプレグネノロン

エストロゲンやテストステロン、DHEAなどのホルモンは生殖活動とかかわりがあり、同時に神経伝達物質でもあり、感情と精神機能を維持する働きをすることがわかっています。こういったホルモンが減少することにより、脳機能は老化します。

 

現在、新しい天然ホルモンのプレグネノロンが市販されており、記憶強化物質としては現段階でもっとも効果が高いとされています。

 

最近行われた動物実験では、このホルモンに含まれるごく少数の分子がマウスの記憶力を著しく向上させたそうです。このことは人体に応用できる可能性が高く、研究者の間で話題となっています。

 

プレグネノロンは人体に素晴らしい効果をもたらしています。1940年代には、プレグネノロンが工場労働者やパイロットの学習能力の向上や、感情の高揚、労働能力の向上に効果のあることがわかりました。当時、プレグネノロンは関節炎治療薬として開発されていましたが、コルチゾンが開発されたことから、研究が中止になりました。

 

最近になって、老化防止薬としての効果が研究者たちの関心を集めています。プレグネノロンは安全で、これまでのところ副作用は報告されていません。摂取量は一日50ミリグラムまでです。

「プレグネノロン」はこちら

プレグネノロンの効果と副作用関連ページ

脳にいい効果のあるサプリメント
ホスファチジルセリンの効果